カテゴリ:暮らし( 36 )

おばあちゃん

a0213314_23323888.jpg


今年もオーストラリアで年を越し、振り返る余裕もなく仕事に没頭、気が付けばもうすぐ春の足音が聞こえてきそう。受験生ももうひと頑張りです。

今年の5月で106歳を迎えるはずだった祖母が旅立ちました。
いつも嬉しそうに笑っているおばあちゃんしか思い出せません。
お別れはさみしいけど、近くで見守ってくれているような安心感さえ感じます。
最後まで心身共に朗らかだった自慢のおばあちゃん、空から皆のこと見守っていてね。
[PR]
by may-917 | 2012-02-26 00:00 | 暮らし

今朝の朝日

今朝は、辺りが白いベールに覆われているよう。
幻想的な朝日でした。

a0213314_2122381.jpg



長男が使っていた、galaxy tab を私が引き継ぐことになり、テスト投稿!
さて上手くいくかー




 
[PR]
by may-917 | 2011-10-09 22:23 | 暮らし

初秋の色

いい季節です。

白いソバの花と、黄金に輝く稲穂のみごとな色のコントラスト。

a0213314_9152519.jpg


収穫の秋♪

a0213314_9154675.jpg


家の前の田んぼもこの通り。黄金色です。

a0213314_916522.jpg



さくらもようやく、自分の居場所を見つけ落ち着いてきました。

a0213314_9161825.jpg



周りの景色に見とれてばかりです~
[PR]
by may-917 | 2011-09-29 09:19 | 暮らし

村の生活

「ただいま~」と帰宅すると、

「いらっしゃ~い」と、プチお好み焼き屋さんが開店していました。

a0213314_22554220.jpg


リサイクルショップから、鉄板を購入し、父が専用のテーブルを作りました。



a0213314_2256678.jpg



そして、増築計画!


a0213314_22562341.jpg


じゃ~ん!さくらの部屋の出来上がり。


a0213314_22564886.jpg



ダイニングテーブル付き♪

a0213314_22571244.jpg



さくらは、家の中にいる方が多いのですが、
お散歩から帰ってきたときや、出掛ける前の待機場所にとても重宝しています。
南向きなので、これから日向ぼっこするのにも丁度いい。
洗濯物干し場、薪置き場(将来)にもなります。

a0213314_22572929.jpg


お疲れ様でした~(^^)
[PR]
by may-917 | 2011-09-25 23:11 | 暮らし

朝日

村に来て得たもの、クーラーいらずの涼やかな風、日が暮れると、点々と灯る村の灯りと、空には満天の星、そして、鎮守の森から昇る朝日。

生きている実感と、生かされている感謝が湧いてくる。


a0213314_23215923.jpg




先日、娘からの贈り物が届く。
私の欲しい物を良く知っている事にちょっと感激♪
子育ても、ここまでくると嬉しい事が多くなる。

a0213314_2323747.jpg


薪ストーブの上で、コトコトとシチューでも煮込みましょうか♪
眺めているだけで、ワクワクしてきます。

a0213314_23233174.jpg


あっ、薪ストーブがまだでしたー037.gif
[PR]
by may-917 | 2011-09-02 23:30 | 暮らし

おひさま文庫

先日、12年間続けてきた家庭文庫、最後の本を返却してきました。

2か月置きに100冊、市の図書館から借りて、
子供達に、解放していた家の玄関の本棚にはいつも絵本が並んでいました。

南阿蘇村は、管轄外なので残念ながら継続が不可能になってしまいました。

村の生活、得る物もあれば、諦めないといけない事も…

少し淋しいですが、また違った形で絵本と子供に関わっていきたいなぁと思っています。

南阿蘇村には、こんな素敵なイベントがあるのですよ001.gif

えほんのくに


a0213314_22425278.jpg



沢山の絵本をありがとうございました!
[PR]
by may-917 | 2011-08-28 23:00 | 暮らし

村の朝

ここにくると、朝日と共に目が覚めます。
今朝は、5時半。

朝の散歩に、

雲に乗れそう~

a0213314_22124668.jpg



デッキで朝食。
これだけで、ここに来た甲斐があったと思うのだ。

a0213314_2213696.jpg


こちらは、トマトの種類も多く、今朝はブラックトマト(リコピンサンたっぷり)を選んでみました。近所のパン屋さんで買ったイチジクとチーズがたっぷりパンも美味かった。

・・・しかし、恐ろしいほど成長著しい雑草、
早く、庭をどうにかしなければ。




そして、先日帰省していた次男が学校へと戻ってゆきました。

今月、20才のお誕生日を迎えたので、
焼き肉でカンパーイ!

a0213314_2214629.jpg


彼女にふられて傷心次男でしたが、
なんのなんの、人生これからこれから、逞しく生きていくんだぞ!
[PR]
by may-917 | 2011-08-23 23:56 | 暮らし

贅沢な時間

仕事前に、お茶しよう~
と思ってまだ何も置かれていない机に、ティーカップを置くと・・・

おぉー 絵になるじゃな~い

a0213314_23585567.jpg


こちらも、まだ何もないデッキで、朝の景色を見ながらの朝食。
気持ち良い。

a0213314_23591843.jpg


テレビも無い、PCも繋がらない、おまけにワンセグも電波が届かないー
静かに時間が流れ、
誘惑が無いだけに、デスクワークのはかどる事。

時々は、来客があるのですよ。
夜になると、ガタン、ガタンと窓をたたく音が・・・
恐る恐る確認してみると、
カブト虫でした~♪♪

朝には、こちらの方と一緒に朝食でしたしー

a0213314_2359371.jpg



そんな村の生活を後にし、
明日、イギリスに向けてのパッキングが終了しました。

a0213314_23595443.jpg


2週間ばかり、出稼ぎに行って参ります(^^)v
[PR]
by may-917 | 2011-08-03 00:16 | 暮らし

完成しました♪

先日、村の家が完成し、両親と共に2泊3日過ごしてきました。

初めて一晩過ごした次の日の朝日です。

2階の窓から3人並んで、感慨深く太陽が昇っていくのを見つめていました。

a0213314_23202638.jpg


普通の小さな小さな家ですが、

a0213314_23212230.jpg


雄大な景色と、豪快な自然は天下一品です。

a0213314_23215895.jpg


電化製品も、通信環境もまだ整っていませんが、 

a0213314_23231249.jpg


デッキや、窓辺から見る景色は、テレビを見ているよりおもしろいね、と、
自然の移り行く眺めと、時間がゆったりと流れていきました。

a0213314_23234462.jpg


とりあえず、器が完成したので、これから少しずつ電化製品、家具、薪ストーブ、庭周りなどを整えていく予定です。

a0213314_23294210.jpg


少しづつ変化していきます。

a0213314_2330784.jpg


しばらくは、町の家と村の家に行ったり来たりの生活です。


a0213314_23541693.jpg



ぽっかりと浮かぶ雲。

あーーもうあの空気が恋しい・・・

つづく・・・
[PR]
by may-917 | 2011-07-27 23:55 | 暮らし

東松島エンジェル・プロジェクト

今日は、通訳講座の日でした。
毎度毎度、ギリギリになって焦りながら宿題をこなし、
あーーもっと早くから始めれば良かったーと毎回反省の繰り返し。

うーーんと、もがきながら宿題をして、
講座では恥をかきかき042.gif
それでも学ぶことは楽しく、
そして何より尊敬できる先生の存在は大きく、毎回が楽しみなのです。

そのS先生は、同時通訳、翻訳などの仕事をしながら2人の息子さんを立派に育て上げ、今は4人のお孫さんのおばあちゃんであり、忙しい仕事の傍ら、地雷廃絶と被害者支援の会を立ち上げ、そのボランティア活動をもう10年以上も継続しておられるのです。

NPOの援助が届かない所に自ら足を運び、現地の状況を自分の目で見、何が必要かを判断し、行動に移す…

今回の被災地にも2度ほど足を運ばれました。
一度目は、被災者に、足湯とマッサージを施しに行って来るわと言って出掛けられました。しかし、それだけで終わらないのがS先生の素晴らしい所でなのです。

震災孤児の支援を始めるという大きな目的を持って帰られたのです。

先生が訪問された東松島市は、陸前高田市、石巻市に次いで大きな被害の出たところです。現地の市役所の方とお話をする機会を得、今回の津波で7名の小学生が両親を亡くし、市内の親せきの所に身を寄せている事を知ったそうです。

そして、二度目に足を運ばれた先日、市役所を通して、子供さんを引き取られた2つの家族の方々と話をする機会を持たれました。そしてそこでそれぞれの悩みなどを本音で語ってくれたそうです。

残る5人は、まだ親権の行方が決まっていないということで、今回面談には至らなかったそうですが、ゆくゆくは7人の子供達全員を支援対象にし、この子達が高校を卒業するまで支援を続けていく考えだそうです。

両親を亡くした子供たちの心の痛みは想像もつきませんが、現実問題として、我が子であれども、一筋縄ではいかない子育て。未だに日常生活がままならない環境の中、傷ついた子供を養育していく彼らの祖父母の皆様にも悩みや御苦労が尽きないものと想像します。


支援の内容は、子供さんを引き取られたご家庭に、毎月一度こちらから熊本の特産物や、手紙を送り、何でも相談できる遠くの親せきあるいは友人として継続的な繋がりを持つ事。 
近い将来、子供たちを熊本に招待したり、こちらからも訪問して子供たちとも繋がってゆきたい…と言う支援です。

そして、その資金の募金も始められました。

親を失った子供たちの心の支えになっていきたい・・・
このプロジェクトの願いです。

やっと、私に出来る事を見つけたゾ!
と、私もこのプロジェクトに賛同し、お手伝いをしようと決めました。


Love, compassion and concern for others are real sources of happiness.

まさに、今こんな気持ちを味わっています。

a0213314_1226688.gif

[PR]
by may-917 | 2011-07-20 00:58 | 暮らし